2017年10月06日

洗脳を解くだけでなく、解いた後に発狂を防いで幸せになるトレーニング。

今日は長いので、箇条書きにて書きこ。


今回、私が説明する洗脳とは
「思考を幽閉すること」に照らし合わせます。


単純に、スピリチュアルの人たちが依存しやすい罠を語りましょう。私たちは常日頃からいろんなところから洗脳を受けています。まず、親です。次に、教師です。最後に、テレビです。

最近、私たちはこの3つから解かれ始めています。まずテレビから離れ、学校教育は全て正しくないと離れ、育ててもらった恩という程度で30年も介護をする義務はないと、このようにゆっくりと自分たちの洗脳を解いています。


まず、娯楽が増えたことが良かったですね。戦前の娯楽は揚げ物や寿司を食べること、女や男を買って風俗で遊ぶこと、贅沢な着物を買うことくらいでしたから。

誰でも気軽に息が抜ける喫茶店が増えたのも、そういう傾向が少し影響しているのかもしれません。お酒以外で穏やかに孤独を楽しむ時間が増えると、ゆっくり洗脳は溶けていきます。



まず、自分の人生をスタートさせるのに『一番何がスタートラインに立ちはだかっているいるか』これを知ることです。それには過去と向き合うということが必要になります。今の自分を見つめることも並行して行っていきます。

自分を認めてあげようとか、ありのままでいいとか、そういう子供っぽいことを言っているんじゃないのです。


私のブログをご覧になる皆様は違和感を感じているからこそ、ここに辿り着いたのではありませんか?わたしは頭の中がお花畑のスピリチュアルなことは言いません。差別社会で出来上がったエネルギー界における高次元社会にも依存しません。どこでもない、今のこの現実世界。地球を愛しています。この愛を語り続けます。

さあ、洗脳を1つ1つに解いていきましょう。



まず、洗脳を解く前にやるべきことがあります。それは『自分の人生に立ちはだかる洗脳を解こうとすると発狂する』まず、これを認めることです。

一度も混乱しないなんて、人生では無理です。嬉しいも悲しいも、人生には驚きの連続です。だから生きているって体感できるのですから、生命として当たり前の感覚を止めずに、生きて喜び合えるのです。


洗脳を解解こうとした時に出る発狂にもレベルがあります。少し過呼吸になったり、今まで考えもつかなかった汚い言葉を叫ぶことです。

でも、どうせなら、「1分より少ない時間の過呼吸」にしましょう。混乱しても、なるべく早く平常心に戻ることが大切です。だんだん慣れてきたら、0・1秒くらいになっているかもしれませんよ。発狂したら平常心になる自分をイメージする。これを繰り返しましょう。


発狂に一番有効な方法ってなんだと思いますか?

単純です。

「好きな人を思い浮かべること」です。


私が過去、洗脳のトリガーを見つけて本音を語り、発狂して「八つ当たり」した人たちの中でも、三人だけ、八つ当たりした後に見つめ直すことに成功しました。平常心に戻り、自分を愛してくれる人間との絆を取り戻しました。もっともっと、深く愛することを知りました。


この三人には共通点があります。発狂しているとき、頭の片隅に「好きな人」がいたのです。一人は母親、一人は息子、一人は親友でした。

「八つ当たり」をして怒り散らしても愛する人の影が頭の中に映っていれば戻ってこれるのです。愛する人をなるべくすぐに思い出せるようにして、平常心戻ってこれたら、発狂した内容の洗脳は解かれていくのです。



残念ながら私たちの世界で、金銭・地位名誉・健康医学・地学宇宙論等、すべて踊らされている現状です。それを解いていくのがある意味、私たちの課題です。

生まれる前に誰かのお腹にいる時から胎動を通じて、産む人の体感を通じて洗脳を受けます。ひとは、生まれながらにして、まったく洗脳されていないなんて人はいないのです。

知らない間に染み付いた「思考を止めてしまう記憶」を洗い流しましょう。人との会話とき、何かを決定するとき、流されるまま脳みそをなるべく使わないようにしましょう。



イメージしてください。続けてみてください。混乱したときほど、苦しいときほど大切にしてくれるひと、大切にしてくれた人たちを思い出す訓練をして下さい。

練習なんて生易しいものじゃありません、これは今の自分を乗り越えたいと心から願った自分だけの誓いです。発狂する自分を認めたのなら、継続的な情熱が必要です。乗り越えられる期限は寿命、あなたが生きている限り何度でもチャレンジできます。


最初は電車を一本乗り遅れたりするくらいから始めましょう。自分を社会的な利益関係なく、大切にしてくれた人を思い出す訓練をしてください。思い出せるようになったら、思い出したと同時に「愛してる」「大切です」など頭の中で思い浮かべてみましょう。

慣れてくると、私のようにひどく不整脈を起こしたときすら出来るようになります。繰り返しこれを行ってください。



さて、最後に反面教師も紹介しましょう。自分を認めずに、その上「八つ当たり」から罵倒を叫んだ人たちの末路です。


一人はお金の洗脳が抜けませんでした。何億円稼いでもお客さんを集めても、欲望のままに人を殴って離婚しました。

一人は学歴の洗脳が抜けませんでした。たくさん勉強して真面目にすれば幸せになれると信じてみたものの、人と会話する想像力欠落して行き違いの末、人を殺しました。

一人は、パーティー洗脳が抜けませんでした。お金を使って美形のひとを誘惑して取り込み、結局その人の心を病ませて破局しました。

これが、最悪の結果です。



いいですか、皆さん。洗脳を解こうとする瞬間はいつだってチャンスを狙ってやってきます。自分から飛び込むときもあるけど、突然、洗脳を解こうと心が動き出すときもあります。

そのときは、なるべく準備をしておいたほうがいい。強い縦社会の洗脳が根付いている人ほど、発狂が度を越すと殺人と自殺になります。

私はあまり怖い言葉を言わないようにしていますが、今、これから、急速にいろんな洗脳が解かれようとしています。そんな時に発狂者が0・1秒でもすぐに平常心に戻ってこれるようにと緊急的に発言しました。

もし、今度こそ本当に人生をスタートさせたいとするなら混乱する自分を穏やかに思い出して認めながら、徹底的に「混乱時に愛するものを同時に思い出す」訓練を続けることです。



ひとつだけ注意点を。


愛するひとを思い出すときの選択肢として、「この一ヶ月間で自分を大切に扱ってくれたひと」人に限定してください。

たとえば、何十年も前に世話になった親戚とか、そういうあまり遠い過去ではダメです。過去はいい人だったからとか言いながら今はひどい扱い受けている人もだめです。これから自分を幸せにしてくれるという予想もだめです。


今思い出して、実際に声をかけても優しく笑っていてくれるひとを思い出しましょう。

image.jpeg
この先にあるのは自分が予想を超えた喜びかもしれない。
まずは一番に美しくも儚い愛をすぐに思い出せるかどうかが重要だ。



最初は大変かもしれませんが、
だんだん思い出せるようになったら楽しいですよ。



ではまた。

posted by さゆり at 22:30 | 日記

2017年09月20日

「さゆりさんの前では嘘つけない」

嘘つけないいっていうのは、
近頃、また言われ始めてきた言葉です。


皆さんはこの言葉を言った後、
どのようなドラマティックな転換を予想しますか?



例えば・・・

「あなたの前では嘘はつけないですね」

「おや、そうですか?」

「だから全部正直に話します!」


こんなみたいな展開を望んでいる皆さん!


世の中こんな
メロドラマみたいな展開にならないもんです。

実際のパターンはもっとあります。
今日はそれを紹介します。



私がオカシクなったパターン1

「あなたの前では嘘はつけないんですね」

「そうですか?」

「いいや・・・でも・・・そんなはずない!や違う!あなたはおかしい!」

「へ?」

「これがおかしくて、あれも間違っていて・・・社会的におかしい!」

これ、実際に合った話です。
次の実際あったパターンへ行ってみましょー。



私がお化けに見えたパターン2

「あなたの前では嘘つけない・・・」

「そうなの?」

「怖いんだ、だから」

「え、ちょっとちょっと。落ち着いて」

「もう、会わない」


まるで私が悪いみたいじゃん!(笑)

というか。

わかってほしいっていうから、
真摯に話を聞いて答えたらこれですよもう。



さて、次の実際に起きたパターンは
とても勇敢な女性が示してくれた答えです。


勇者が生まれたパターン3

「あなたの前では嘘はつけないね」

「そうみたいだね、あなたが話せば話すほど本心が伝わるよ」

「最初は恥ずかしかったけど。けど」

「けど?」

「これから私は、あなたに正直に伝える」



人間は誰しも、本音を伝えたいものです。

でも、伝わったら伝わったで、戸惑う生きものです。


最初は、天邪鬼で面倒臭い。

私はそれを母との対話から見つけました。


ヒステリックでパニックを起こして話す母から
本音を探り寄せました。

混乱の中にも本音はあるのです。
対話、観察、分析、肉体を通して体感した直感。

これら使用することで「伝えたい本心」が
少しづつわかってきます。



このような母との会話は25年かかりました。
結果は混乱してヒステリックになる前に、
本心を伝えてくれるよになりました。

とても大変でしたけれど、
まあ悪くない結果かなと思っています。

image.jpeg
今日はかっこつけてようと思ってカッコイイカフェに入ったら、
一人だけパンダコーヒーもらいました。嘘なんてつけないカフェ。


私は何も、
相手が見せたくないものを見ているんじゃないのです。

私は自分の能力を使う時に
必ず戒めを置いています。

「本心から伝えたいことのみ、私の直感に響くのだ」と。



さて、これをお読みになっている皆さんは
どのパターンに入るでしょうねえ。


おそから早かれ、私みたいな連中は世の中にゴロゴロいますから、
いずれ本当は知ってほしい本心を言われるかもしれません。


その時はほほえんで、こう相手に返してあげてください。


「答えてくれてありがとう。
もう少しの間、私の本心を自分で受け止めてみようと思います。」


この言葉が通じない人は、
単に見えたことを思いついたまま言っちゃう
「動物本能だけで生きてる霊能力者」くらいな感じで
放っておきましょう。



パニックになるまで、本心を隠しているよりは、
定期的に小出しにして遊ぶくらいがいいですよ。

そういう時は、遊んじゃいましょう。


「ちょっと聞いてよ!」

「突然なに」

「今、とても・・・・おならで空を飛びそうなんだ!」

「・・・・・どうぞ?」

「ぷぅ」



ぜひ、日常の言葉に本音を織り交ぜつつ、
言葉のユーモアで楽しんでください。



posted by さゆり at 23:58 | 日記

2017年08月22日

与えるのが好きな人。

私も素直ですから、
気持ちとお財布の余裕があるときには、
仲の良いひとにあげたりします。

親切な人に何かをあげるっていう行為は
心を豊かにしてくれますし、
なぜか元気がわいて楽しいですよね。

 
訪問介護もやってみたんですが、
与える人とそうでない人って
こんなにも違うなってことに気が付き始めました。


とあるお金持ちのおうちがあったとしましょう。

 
その方はかわいい孫たちが部屋中を動き回って
私の介護する場面に興味津々。

来るたびに私の膝をタックルするお出迎えをします。

私はもちろん介護をしていますから
まったく孫の世話なんてする気はありません。

そこに金銭も契約も存在していないからです。

 
私は「シッ!!」と一瞬だけ一喝しました。
するとどうでしょう。
「そうすると逆に怒るからー」というではありませんか。

 
それ以降は、外づらはいいですが、
小さなクレームは多かったですね(笑)
驚いたのは介護する仕事よりも
孫を可愛がってくれる職員をとても好みました。

そして
介護しているご家族に高級な食材を提供しますが
時間はあっても手作りはしませんし、作るのは職員です。

この方は与えるけれど、一方的でした。


image.jpeg
小さな喫茶店で驚くほど美味しく作られたキッシュ。


次にこんな方がいるとしましょう。

 
どことなく不愛想な方でした。
「まあ、もう死んでもいいし本人の責任よ」
力強く私に言っていましたっけ。


でもね

いつも来るたびに
綺麗なお食事をお母さんに作っている様子や、
去り際にさっと私がいる玄関に電気をつける人でした。

あと私達に契約以上のことを
求めることはありませんでした。

この方は、お互いがほしいものを理解して
与えあえる人だったのです。


一言、与えるといってもいろんな形があります。
私はなるべく後者でありたいと思いながら生きています。

 
自分が元気になれる人たちに与えることを
想像してみてください。
すると少しづつ自分にとって
良い人間関係のために行動したくなります。

 
ちょっとづつだけどね。でも確実。
自分の目指す与える人になっていきたいものです。

 
posted by さゆり at 22:00 | 日記

2017年08月16日

霊的なサービスを受ける時に気をつけること。


霊的なサービスを受ける時、

あんまり無断キャンセルしないほうがいいですよ。


相手の思いが誠実で優しくあるほど、

リスクが高いからです。


キャンセルする場合は一言、

詫びを届けましょう。


たとどうしてもそれができないときでも

素直に認めてごめんねと想いましょう。




ちょっと怖いこと言いますね。


霊的なエネルギーを使い慣れている人と契約するには、

其れ相応の覚悟が必要です。


500円だからとか、5万円だからとかいう理屈は

見えないエネルギーの世界にはありません。


値段は受け取りたい側の個人の自由です。


誠実さと優しさから生まれた

愛の記憶だけがモノを言います。




いいですか、皆さん。

霊的な世界に美談を求めないでください。


霊的な世界とは、圧倒的な実力世界です。



例えばわたしが人を恨んで

死んで欲しいと強く願ったとしましょう。


けれど、

願った人がわたしの考えているよりも

愛を形成してきた記憶が混ざっていれば、

死は遠ざかります。


(ここで言う死とは、心だけがからっぽになる虚無という死も含まれます)



逆にわたしがたくさん愛情をかけて、

人の幸せを願ったとしましょう。


けれど、

願った人がわたしの見えていないところで

誠実さと優しさを握り潰したとするなら、

どんな力を使っても願った人は死に近づきます。



霊的な世界に値段はありません。


あるのは圧倒的な個人主義と実力世界です。



霊的な契約が成功する確率を上げる時とは

自分と相手、双方の意識状態がリンクした時です。


誠実さと優しさのボルテージが上がっている時に

霊的な力を率先して使おうとすると

異様で異常な力を形成できるということです。




愛の記憶をこれからも作っていきたいなら、

一番関わってはいけない霊的なサービスがあります。



それは

「人の痛みを想像することが苦手なヒーラー」と

「相手のエネルギーに合わせることができないヒーラー」です。


これだけは絶対に避けましょう。



いい刺激にはじめ感じるかもしれませんが、

ヒーラーのエネルギーに依存しやすく、

自分自身で生まれ変わろうと、

新しい毎日を形成して生き続けられません。


人生を選択する時、

自分より実力のある人の意見で

自分の人生を変えてしまう。


なにも選択できない人間になるのです。


変化に弱く、臆病で、とてもつらなくなるでしょう。


時間の無駄です。


IMG_6376.JPG
実った愛の果実を一緒に喜んでくれるヒーラーがオススメ


このようなヒーラーを全てを避けるのは難しいですが。


早いこと気がつき、意思をはっきり保つだけで、

相手が自分を操作できないことを諦めて、

向こうから去っていくからです。




なあんて。


まだまだ霊的な仕事をする人々に

お花畑スピリチュアルを求めている人が多いので、

素直に語って見ました。


posted by さゆり at 00:58 | TrackBack(0) | 日記