2016年04月29日

癌摘出後の体のだるさを緩和する施術を終えて。

本日は、
とても良いお天気でしたね。

ゴールデンウィークはじめ、
すごく晴れてました。

image.jpeg
お花が咲き乱れ始めましたね。


さて今日は、
先日日記に書いた
癌の手術をして抗ガン剤を投入した
親戚に会いに行きました。


筋肉がとにかく落ちてたので、
身体は芯から冷えてました。

背中を温めるように
撫でて行きました。


軽く頭をヘッドスパで施術したら、
髪の毛はどんどん抜けました。


触っていくと確かに病のあとが、
しっかり確認できましたが。

不思議と、
そんなには驚かなかったです。


すでに本人も
それを受け入れているので、
私も驚きはしませんでした。



ただ、一番驚いたのは
付き添いの旦那さんが頬がこけて
激やせしたことでした。

心配でしょうがなくて、
二人一緒の部屋で寝たいと、
懇願したそうです。


かくいう本人は…
「お酒臭いから一緒に寝たくないわあ」
なんて(笑)


病気を見てる人の方が
あきらかに心労が見えましたね。


私がアドバイスしたことは、
生姜湯を飲むこと。

飲むと食欲も増加、消化促進。
なにより、からだぽかぽかです。


甘いものが取れないなら
蜂蜜をかけること。

砂糖はあまり取れなくても、
ほんのりした甘さって
人の心をほっこりさせますよね。


この2つは風邪の予防にもなります。



なんて、
おばあちゃんの知恵袋で的な
アドバイスをしたあと、
こんなことを言われてました。


「そうよね、
昔からの食事療法がいいよね。

実はウコンとかすごく調べてたの。
でもしょうがなら、いいかも。

風邪を引くのだけは気をつけてって
言われてるから、それはすごくいい」


大病したあと、
つい、刺激があるのを
頼ってしまう心理はわかります。

でもそれは、
毎日少しづつ体の基盤を整えてから
取り入り込める栄養素。

患った時ほど、
日常的な何気ない
体を温める飲み物や首巻きは
とても大切です。


具合が悪くなった時は、
私も気をつけて
思い出すようにしてます。


皆さんもどうぞ、ご自愛ください。

改めて、日常的に少しづつ
体を大切にする栄養素を
食事に取り入れてみましょう。

ではまた。

posted by さゆり at 21:39| Comment(0) | 日記

2016年04月28日

ガンを宣告された人に出会うたびに思うこと。


みなさんこんにちは、さゆりです。

実は、いろいろとかんがえることがあり、
「初心に帰って勉強してみよう」と復習のつもりで、
介護施設など見学に行ってきました。

今はそういう時期かなと思って。


でも、そんな心境の中、
明日は親戚の人に出会って、軽い施術をする予定です。

この出会いも少し不思議なもので、母がたまたま、
「最近ガンの手術をした後でだるいみたい」

そんなふうに私に話してきたので、
軽く肩もみでもしようかと話してみたのです。

母はさっそく予定を立てようと、
私の眼の前で、すぐに親戚に電話しました。


すると・・・
なんと親戚は抗がん剤治療をして入院していました。

どうやら、転移が少し発見されたとのことでした。

母は少しショックを受けながら、受け止めていました。


その後、抗がん剤もあまり効果がなかったようなので、
自宅に帰ってきたとのこと。

そこで、せめて痛みの緩和にと
私に改めて施術を頼んできたのです。



この親戚のガンの手術については、
初めから不思議なタイミングで知りました。

私がたまたま母に連絡をいれたその日がガンの手術の日であり、
「一緒に祈ってくれないか」と珍しく母に頼まれたのです。


改めて一連を振り返っていくと、
「私は母の不安を受け止めるクッションの役割だった」かもなと。

母がもっとも仲が良かった親戚ですし、
介護施設でいろいろな死を見つめてきた私が
この役割は適任だったと思います。


この出会いの約束が決まってからも、
面白い出会いがありました。



先日、70歳を超えていているご婦人から
過去の大病について聞く機会がありました。


胃がんから大腸がんから子宮へ転移。

摘出手術をして、
抗がん剤治療で髪の毛もなくなったとのこと。


しかし、2年後には白髪もほとんど黒くなり、
若々しい姿で髪の毛がふさふさになった。

もちろん、今も歩行も普通で食欲も旺盛ですよ。



大病を過去に患っていても、いろんな人がいますね。


image.jpeg

大都会に引っ越してきてから、成長の風に押されてる気がする・・・




私はついこの前まで「初心に帰って復習してみよう」と
思っていたのに。

成長の波は訪れて、待ってくれなくて。

なんか前より、やることがランクアップした気分です。


おかしい・・・なぜこうなった?

でも、事実を受け止めています。


私は治療師ではありませんが、
痛みの緩和や痛みと向き合うことのプロですから。

こういうことが訪れたのかもしれないなあと。


今は、自分とは急成長しようとする波を
ゆっくり受け止めたりしてますよ。


ではまた。

posted by さゆり at 20:08| Comment(0) | 日記

2016年04月22日

サロン日誌を移転しました。

サロン日誌を再び、さくらブログへ移転しました。


はじめましての方は、はじめまして。
いつも読んでいた皆様は、お久しぶりです。

改めて、こちらでご挨拶させていただきます。


私はレイキヒーリングとボディを両方から
スピリチュアルな成長を助けるお手伝いをする仕事をしています。


よく、「ヒーリングは癒されるものだ」といわれてますが・・・

とんでもない。

私は常々、ヒーリングほど刺激的な成長ができるものはないと
お伝えしております。


ヒーリングは一度受けると決めたら、内面から問答無用で、
ゴリゴリと停滞したエネルギー変化を動かしていくものです。

普段動かしていない筋肉を動かすようなものです。
多少、変化の痛みや息苦しさはあります。


けれど、動かしたことで、
前よりずっとずっと、身体が軽くなるもの。
それがヒーリングだと実感しています。


エネルギー変化が起こると、
精神や身体がなかなかついていきません。

ですから、スピリチュアルのなんらかのセッションを受けた後、
マインドメンテナンスやボディケアが大切なのです。


他人のヒーリングを受けた後、
自分で自己メンテナンスができない、
または、お金を払ってメンテナンスを頼もうとしなければ、
ヒーリングセッションは受けない方がいいでしょう。


もし癒しがほしいというのであれば、
ボディケアを個人的に承っていますので、
身体から整えてみるのはいかがでしょか?

人の体に触れて10年以上の経験を持つ施術から、
滞った筋肉の血液とリンパの流れを健康にする施術を
ご提供させていただきます。


または、メルマガ購読では自分のハイヤーセルフたちのつながりを強化できる
スキルを伝授しておりますので、そちらもご利用ください。


今月から改めまして、こちらでサロンの告知をさせていただきます。

どうぞよろしくお願いします。

posted by さゆり at 13:30| Comment(0) | 日記