2016年06月23日

スキンシップって偉大で練習が大切なんだなと思うとき。



馴れ馴れしく触りすぎると、
気持ち悪いと言われるし。

まして、全く手を差し伸べないと冷たいと言われたり。

人間というのは本当にわがままで甘えん坊だと思います。


特に男性が強い人はその節度があまり理解しておらず、
自分から触る時はどうやって触れたらいいかわからないし、
触れようとするとベタベタ触るなと怒られる。

そして、男性や女性に憎しみを強く抱いている人は、
誰が触っても嫌だ嫌だになります。



そうですね・・・これは経験論ですが。


適度なスキンシップに慣れてくると、
どこまでがセクハラで下心があるかとか、
どこまでが助けたいかとか。

触れられた瞬間に、
少しだけわかるようになってきます。



特に猫なんかはその説に置けます。

エネルギーの感受性はわりと、猫が敏感な方です。

女性的なエネルギーが男性にもあるわけですが、
そのエネルギーがにじみ出ていると、猫に好かれます。

また、男性性のエネルギーが強すぎると、
猫にあまり懐かれません。


子供も同じで、
性別がまだはっきりとしていな段階であったり、
性別が曖昧である状況の時は、
強すぎる感情主義の女性であったり、
強すぎる完璧主義の男性であったりすると、
子供はあまり近寄ってきません。




あと、これも経験論ですが。

この時代の大人は、大概年をとると、
子供返りをします。

介護の仕事をしているとそれを感じます。


性エネルギーがどちらかに行き過ぎると、
事故が介護における接触多発します。

面白いもので、子供やお年寄りに関わる時、
最も安全で成長のある良い仕事ができる人は
「子供らしい素直さがある完璧主義でない人」です。

一見すると子供っぽいのですが、
大きな目でとらえていくと、とても優秀です。

そういう人たちを現場で見てきました。



つまり、スキンシップで
コミュニケーションが安全に取れる人って、
大人になりながら
子供らしい素直さを持っている人が多かったのです。


・・・・難しいですか?(笑)

そうかもしれません。


でも、それが最も良い仕事ができることもありますから、
たまに子供らしい素直さをわたしは思い出すようにしています。

image.jpeg
遠く離れていたところに住んでても、
どこかで交差点を見つける。


そうそう。
スキンシップといえば・・・

介護の現場でちょこっと手伝っているわけですが、
いつもお風呂で介助のペアを組む人が外国人の方なんです。

普通に話せるけど、たまに漢字が読めなかったり、
細かい表現ができなかったり。

なかなか面白い。

ある程度、もう少しだけ
お互いを知り会えたら、もっと良い仕事ができると思いました。

そして、事故が減るとも直感で感じました。



お互いを礼節持って知り合うために、何をしたのか。

仕事の確認の話をしながら、肩もみしました。



介護の方「ウワア!すごい!ワオ!」

わたし「強さはどうですか?」

介護の方「すごい!アナタ、力強い!」

わたし「力は入れてないですけどね。」

介護の方「すごい!何これ!わあ!」




それから、お互いを気をつけながら、
話せるように少しだけなりました。


施術歴10年、話し下手だったわたしが
誰かとイメージを共有して仲良くなりたくてしてきたこと。

それはスキンシップという名の施術練習であり、
言葉という名の執筆活動でした。


積み重ねた経験が体に根付いて、
人の感動と喜びにつなげることを
肌で感じることができるんだなと、
改めて感じました。




posted by さゆり at 17:58| 日記