2017年02月10日

「お金をたくさん払わないと」と「お金に頼らず生きないと」は基本は同じ。


お金を使わないと幸せになれないとか
お金を頼らないで生きないと幸せになれないとか。

どうしてそう、
ストイックにどちらかに生きたかがるのだろう?

そんなの、その時々じゃない?



突然ですが、最近
美味しいビターチョコレートをマメに食べてます。

板チョコひとつ120円、
数口なのに気持ちもお腹も満足できる
すぐれものドイツチョコレートを見つけました。

コスパは良いけど、落ち着く感じで高揚感とは違う感じ。



以前、成城石井で外国産の
良さそうなチョコを買って食べたことがあったのですが。

わりと、それと似たような満足感を感じるのです。


成城石井は花の香りやフルーツの香りがついてるから、
気分を落ち着かせるってより、高揚させる感じでしたね。

それがだいたい、数口で五百円程度。

わたしがいつも買ってる板チョコの3分に1くらいの量。
コスパは悪いが、楽しいし気分に一気に上がる優れもの。



さて、どちらを毎日食べて、
どちらをたまに食べたらいいと思いますか?


そんなに難しい選択じゃない。

シンプルなビターチョコを毎日ちょこちょこ食べて、
たまにテンションが上がったら職人のチョコレートを買う。

この方法が、
とっても健康に良かったんです。



あと、お金のかけ方に変化があったのは、
外食をするようにしたら、健康になりました。

いつもは精進料理みたいなシンプルな料理です。
調理も食べるのも楽しい。

でも、外食も美味しいし楽しいし、
何より自分で作れないものを吸収できる。



ストイックに高いものをたくさん買う人とか、
ストイックに自家栽培のもの以外は食べたい人。

不思議なことに、
なんか体調の崩し方が二人とも似てたんですよね。

似て否るものなのに、根本は同じとはミラクル。



それで、なんでかなあと考えてみたら、
都会に住んで便利なのに、偏ってるって思いました。


都会を否定せず、
田舎を否定せず。

ここにいる今を見つめて、工夫しながら生きること。

健康になる最も近しい食事習慣なのかなと。



ようは・・・

シンプルな食べ物でも、凝った食べ物でも。
一人で作ったものでも、誰か作ったものでも。

どっちに行っても楽しく食べられる人になる
肉体と精神を目指す。

そしたら、最強だということです。



image.jpeg

そういや、今年も高島屋は強いな、攻めてるなー。




集客セミナーや経営コンサルの講習料を払う時も同じですよ?


難しいことじゃない。


ばかすか稼いで、ばかすか自分だけに使う人は、
使い切りの人生。

いつも切り売りでなんかつらそう。


ドクター高須みたいに、ばかすか稼いで、
ばかすか人に使う人は、種をまく人生。

いつも人に囲まれてて、なんか楽しそう。


なんて、何かを買う時に、
売ってる側のひとのお金の使い方に興味を示して、
買うようになりました。



稼ぐだけ稼いで、多忙から強いストレスで
お金を散々してしまうコンサルタントは多いけどね。

単純に私はそうはなりたくないやって、
真ん中の時間とお金の使い方を選んだのです。

そいうの好きな人は良いと思うよ。
デンジャラスストーリーを生きたい人もいるものね。



お金について、あんまり偏りすぎないでね?

自由にいきましょう。

ではー。

posted by さゆり at 17:00| 日記