2017年07月11日

即行動の「幸せもの」になるために、パート3

当たり前といえば、当たり前なのだけれど。

見る情報を激選していくと、
時間って余裕が出てきますよね。


人間てのはニュースを延々と吸収したい生き物なので、
敢えてそれを止めずに、
時間を過ごすかってことだと思うんですよ。


欲しい情報が巡ってくるのが遅いって人は、
わたしの上手くいった方法を教えます。



とりあえず、想像してみましょう。

「今日から三ヶ月。もしも、自由時間が10分しかなかったら?」
と思い起こしてください。




すると「やっぱりこの情報もみたいな」っていう
迷いが出てきます。


迷いもそのまま受け入れて、
「なら、じっくり読みたいニュースとさらっと読むやつを分けよう」
となるわけです。

全部をじっくり読まないし見ないんです。



たとえばビジネスの情報。

私がしっかり読むのは、
@「銀座とかのブランド物に興味がない人たちのビジネス」です。

【例・都内でベスト5くらい大きな弁護士事務所を経営している弁護士の仕事術、
彼は何年も着たテーシャツを着て散歩するような人です】

さらっと読むのは
A「パーティー商法でセミナーやイベントを経営するビジネス」です。


2つともすごく興味があるけれど、
@の方が私の仕事が早く利益として結果が出る情報が多かったので、
そちらを中心にみています。


Aを読むのは、
自分では思いつかないような派手な商売。

真逆なものを見て、
知らないことを知る楽しみを知っていきます。



順番を間違えちゃいけないのは、
最初は自分の日常とあまり変わらない人の情報を優先すること。

非日常的な人の情報は魅力的だけど、
最初はぜったい飛びついちゃいけない。


自分はそれで苦労したので、
みんなには味わってほしくナッシング。



@の情報を読んですぐ試す。

力を入れずにすぐ試せることが重要です。


そんなに力を入れず
結果をまず出せるようにしてみましょう。


いろんな情報をある程度気軽に試して、
結果を連続して出せるようになったら、
休日にAを読む時間を増やしていけば良い。


あらま不思議。

わたくしは
時間に気持ちのいい空白ができました。


すぽんと空いた空間ができるとストレスが生じても、
心の中がいっぱいいっぱいにならないで、
そんなに混乱しなくなるのです。

混乱しても、かなりスピーディーに心が戻っていきます。

以前まで言えなかった
嫌味も言えるようになりますよ(笑)


このやり方で、言葉巧みに言いくるめて
自分の都合の良いようにしか契約しないような人に、
空気読まずにバンバン言えるようになりました。


相手「あなたその言い方はね、違うのよね」

わたし(あなたにもトゲがあるけど、丁寧そうな言葉で言っても隠せてないよ)

相手「それにあなたの言い方、悪意があるよ」

わたし「ありますよ」(さらり)

相手「い、いやいや。そういうことじゃないんですよ」

わたし「それが私の気持ちです。私はあなたが嫌いで悪意がありますよ。
それを自分で受け入れて、話しています。私もあなたが私を嫌っていることを受け入れて話しています」

相手「違うんだって」

わたし(何が違うの。なら聞かなきゃいいのに、あなたの欲しい答えは出ないよ)


これを言った後、
何食わぬ顔で私は契約した仕事を一緒に協力してやりました。

仕事はうまくいいきました。

簡単なことです。双方の好き嫌いの個性を受け入れると、
よけいな気持ちを使わず、仕事は無駄なくなれるのです。

いつもじゃないけど、
余裕のあるときはこんなこともしてます。



ここで、
ものすごい多忙で売れっ子の作詞家「畑亜貴さん」の
集中力の秘訣についてお教えしましょう。


『今より集中力を長くすることよりも、
集中が切れてもすぐに集中できるようにしていく方がいい。
その時間を早めていく方がいい』


私は現在、この修正案を採用しています。




このように、
普段見ていく情報を整理していくと、

なぜか人のいい気持ちも悪い気持ちはある程度認めながら、
整理しやすくなっていきます。

乱れた気持ちの整理をつけたいなら、
毎日受け取る情報の整理をすることです。


ぜひ、毎日見る情報の読み方を見つめ直してみてください。

まずは、激選してください。



何のためにやるかって?


「あなたを嫌っている人のために自分の気持ちを使わない」ためにですよ。


image.jpeg
何故か気に入ってしまったお店のブタ子さん。



あなたの気持ち全力で向けるべき相手はこうです!

「あなたのことを気に入った人のために自分の気持ちを使う」んです。



だいたいこれで、心の混乱が整理されて結果が出た。

まずは早速やってみよう。

ではまた。

posted by さゆり at 15:52| 日記