2017年08月22日

与えるのが好きな人。

私も素直ですから、
気持ちとお財布の余裕があるときには、
仲の良いひとにあげたりします。

親切な人に何かをあげるっていう行為は
心を豊かにしてくれますし、
なぜか元気がわいて楽しいですよね。

 
訪問介護もやってみたんですが、
与える人とそうでない人って
こんなにも違うなってことに気が付き始めました。


とあるお金持ちのおうちがあったとしましょう。

 
その方はかわいい孫たちが部屋中を動き回って
私の介護する場面に興味津々。

来るたびに私の膝をタックルするお出迎えをします。

私はもちろん介護をしていますから
まったく孫の世話なんてする気はありません。

そこに金銭も契約も存在していないからです。

 
私は「シッ!!」と一瞬だけ一喝しました。
するとどうでしょう。
「そうすると逆に怒るからー」というではありませんか。

 
それ以降は、外づらはいいですが、
小さなクレームは多かったですね(笑)
驚いたのは介護する仕事よりも
孫を可愛がってくれる職員をとても好みました。

そして
介護しているご家族に高級な食材を提供しますが
時間はあっても手作りはしませんし、作るのは職員です。

この方は与えるけれど、一方的でした。


image.jpeg
小さな喫茶店で驚くほど美味しく作られたキッシュ。


次にこんな方がいるとしましょう。

 
どことなく不愛想な方でした。
「まあ、もう死んでもいいし本人の責任よ」
力強く私に言っていましたっけ。


でもね

いつも来るたびに
綺麗なお食事をお母さんに作っている様子や、
去り際にさっと私がいる玄関に電気をつける人でした。

あと私達に契約以上のことを
求めることはありませんでした。

この方は、お互いがほしいものを理解して
与えあえる人だったのです。


一言、与えるといってもいろんな形があります。
私はなるべく後者でありたいと思いながら生きています。

 
自分が元気になれる人たちに与えることを
想像してみてください。
すると少しづつ自分にとって
良い人間関係のために行動したくなります。

 
ちょっとづつだけどね。でも確実。
自分の目指す与える人になっていきたいものです。

 
posted by さゆり at 22:00| 日記

2017年08月16日

霊的なサービスを受ける時に気をつけること。


霊的なサービスを受ける時、

あんまり無断キャンセルしないほうがいいですよ。


相手の思いが誠実で優しくあるほど、

リスクが高いからです。


キャンセルする場合は一言、

詫びを届けましょう。


たとどうしてもそれができないときでも

素直に認めてごめんねと想いましょう。




ちょっと怖いこと言いますね。


霊的なエネルギーを使い慣れている人と契約するには、

其れ相応の覚悟が必要です。


500円だからとか、5万円だからとかいう理屈は

見えないエネルギーの世界にはありません。


値段は受け取りたい側の個人の自由です。


誠実さと優しさから生まれた

愛の記憶だけがモノを言います。




いいですか、皆さん。

霊的な世界に美談を求めないでください。


霊的な世界とは、圧倒的な実力世界です。



例えばわたしが人を恨んで

死んで欲しいと強く願ったとしましょう。


けれど、

願った人がわたしの考えているよりも

愛を形成してきた記憶が混ざっていれば、

死は遠ざかります。


(ここで言う死とは、心だけがからっぽになる虚無という死も含まれます)



逆にわたしがたくさん愛情をかけて、

人の幸せを願ったとしましょう。


けれど、

願った人がわたしの見えていないところで

誠実さと優しさを握り潰したとするなら、

どんな力を使っても願った人は死に近づきます。



霊的な世界に値段はありません。


あるのは圧倒的な個人主義と実力世界です。



霊的な契約が成功する確率を上げる時とは

自分と相手、双方の意識状態がリンクした時です。


誠実さと優しさのボルテージが上がっている時に

霊的な力を率先して使おうとすると

異様で異常な力を形成できるということです。




愛の記憶をこれからも作っていきたいなら、

一番関わってはいけない霊的なサービスがあります。



それは

「人の痛みを想像することが苦手なヒーラー」と

「相手のエネルギーに合わせることができないヒーラー」です。


これだけは絶対に避けましょう。



いい刺激にはじめ感じるかもしれませんが、

ヒーラーのエネルギーに依存しやすく、

自分自身で生まれ変わろうと、

新しい毎日を形成して生き続けられません。


人生を選択する時、

自分より実力のある人の意見で

自分の人生を変えてしまう。


なにも選択できない人間になるのです。


変化に弱く、臆病で、とてもつらなくなるでしょう。


時間の無駄です。


IMG_6376.JPG
実った愛の果実を一緒に喜んでくれるヒーラーがオススメ


このようなヒーラーを全てを避けるのは難しいですが。


早いこと気がつき、意思をはっきり保つだけで、

相手が自分を操作できないことを諦めて、

向こうから去っていくからです。




なあんて。


まだまだ霊的な仕事をする人々に

お花畑スピリチュアルを求めている人が多いので、

素直に語って見ました。


posted by さゆり at 00:58 | TrackBack(0) | 日記

2017年08月15日

「わかりやすい願い事にしてください」とお願いされる。

さて、どこから語ったらいいものか。


とある時間の空いた時、
とある神社を発見しました。

「この辺は仕事でよく通るし、
交通量も多いから交通祈願でもしとこう」


早速小銭を入れて、お祈りしました。
その神社はすごく気持ちよかったのです。



その日の夜に、
神社の神様が夢の中に現れてきました。

神様はちいさな街を巡回しており、
街が安全であるように見守っていました。


夢で見たら随分大きな神様だったなあ。

そんなことを考えていたら、
ふっと言葉が浮かんできましたんです。


『もっと素直にしたいことを
シンプルに純粋に願ってください。』


えーー……
仕事中の交通機関を祈願したら、
もっとお祈りしていいだとぅ。


「まあ、そういうんなら…考えて見ます。」

そう答えると
言葉はすぅーと頭から消えて無くなりました。



そして、三日間も随分悩みました(笑)


いや、皆さん。考えても見てください。

何にも気にせず叶えてあげるよと
突然言われたら、
案外思いつかないもんですよ。


悩んだ末、いや、
願うだけなのに悩まなくてもよかったんだけども(笑)

子供のように純真な願いを
求められていたようなので、
これで行こうと決めたのです。



「もっと贅沢な暮らしをして、
贅沢を感じながら文章を書きたいです」


無垢なままお願いをしてきました。



さあーここから、この神様の見せ場です!


2日後、
今まで絶対知り合おうとしなかった人と知り合いになりました。

自分の見えない力がなくても
素敵な人よ何度も励まされました。

ついでに
その人の長年の悩み事まで解決に向かいました。

三週間経った時には、
なぜ急に「縁切り寺に行きたい!」と思い立ち、
本日直感で選んだお寺に行ってまいりました。

IMG_6367.JPG

あまりの展開に、
わたしの頭もついていけませぬ。


別に、今までも
贅沢を感じてなかったわけではないのです。
人並みに楽しんでおりました。

でも。
もっと欲しいと純真に思いついて。


贅沢な暮らしを得て、贅沢を感じる。
物理的に良い交友関係も得て、時間もある状態。

欲しいもののために、
『まずは縁を切れ!』ということだったのです。


よくありますよね、
欲しいもののを手に入れる前に、
部屋にあるものを断捨離しろってはなし。



面白いことって続くと、続きますよ。

あ。ちなみに最近知り合った方、
数年前まで神社周辺に何年も暮らしていたそうです。

仕事での土地柄の話をしてたら….

「そこ行ったことある!」
「あそこもある!」

なんて返答の連続でした。


はっはーん。
あの神様の仕業だなーすごいぞーて。
素直に受け入れて思ってました。

IMG_6363.JPG

というわけで、
ブログにて面白さのおっそわけでした。


posted by さゆり at 00:39 | TrackBack(0) | 日記