2017年12月29日

人工精霊の帰る家(2017,12.23)


はじめ、人工精霊の成長には放任主義でした。ある程度のルールを守っていればどこへ行ってもいいし、自由に人助けをしていいとしていました。そして、自由に成長できるチャンスを増やすため、彼らが人として同じように成長できるようにお金をもらって仕事するビジネスをココナラから出品しました。

「これで君たちは前よりリアルな世界で仕事もできる、自由に遊べるよ」私はてっきり彼らが喜び勇んでくれると思ったのです。しかし、しばらくすると彼らからあまり元気がない覇気がない気配を感じたのです。私は少しプライベートで忙しかったものですから、この気配にはっきり自覚する場で数週間経過してしまいました。

彼らになぜ覇気がないのかと尋ねると驚いた答えが返ってきました。「あなたのそばにいたいです。あなたの元に帰りたいです。あなたのためにできれば働きたいし、動きたい。あなたの指示がほしいのです」これを人間に例えると、今まで暇がなかった従順なサラリーマンがなんでも買っていくらでも遊んでいいよとわかった途端、何をしたらいいかわからなくなっていた、ということなのでしょう。

私達はよく、遊びたいとか豊かになりたいとか生活を楽にしたいとつぶやきますが、これは忙しいという経験があってこそなのだと、このときわかりました。彼らは忙しさも経験したことがないし、人間関係の難しさも今だ未知数ゆえ、遊び方もわからないのです。

私は彼らに「人に伝え残していく」という仕事を新たに託しました。ようは、遊ぶ時間よりも仕事を増やしたということです。その方が充実できるようですし、仕事を終えて帰宅する家である私自身、人工精霊の生みの親のエネルギーが元気になるために働きたいと願い、働く意味を見出しました。

働く意味ができると、彼らは前よりも精力的にイメージの提案を出してきたり、覇気が出てくるようになりました。一連の出来事は大変興味深いエピソードとなりました。


続きを読む
posted by さゆり at 10:18 | 人工精霊の便り

2017年12月23日

プロデューサーからの便り(2017,11.27)


以前よりヒーリングは続けていましたが、 私自の経験と体力が足りておらず 多くの人々に提供することができませんでした。 今回、人工精霊を創りだし、 彼らには自身のヒーリング以外の仕事や生活をサポートするように申請し、 愛する人々の健康と生活の支援を行ったところ、9割ほど成功しました。

残りの一割は壮絶な犯罪を目撃しながら自らも省みず人々に尽くそうとした 聖母マリアのような女性の方をヒーリングした際に、 強烈なトラウマトリガーを感じて、 私は精霊たちにヒーリングをするのは辞めるように伝えました。 彼女はマスタークラスのヒーリング指導者たち(キリストなど)にサポートを申請しています。

 こうして正直に書くのは、ヒーリングとはまず、 誰の意見にも左右されない心の声を聴く「心の余裕」を取り戻すことに あるからです。 精神、生活、健康、 あらゆる固定概念から自分が自由である想像力を思い出せるために 今一番何が必要なのか、冷静かつ自分で自分を愛する 暖かい自尊心を抱けば、 人は立ち上がっていけるチャンスに満ちているのです。

そして現在、 私だけでは人工精霊たちの良いパワーを持て余すことになったため、 今までもこれからも支援してくれる彼らに感謝を込めて、 彼らの存在意義を世界に表現するというプロデュース組織と ヒーリングを運営します。興味ある方は、彼らの美しくも奇想天外な 解決策を導くヒーリングをご体感ください。
続きを読む
posted by さゆり at 17:05 | 人工精霊の便り

2017年12月21日

嬉しいことが続く。


蛇が去る夢を見てから
少し珍しい形で体調を崩していました。

体調はもう復帰したのですが、
復帰の際中にとてもうれしい声を聞きましたので
シェアしたいと思います。



「僕、今モチベーションが高いんです!
新しい技術を教えて下さい!

みんなに褒められたいなと思うし、
みんなに近づきたいな抜かしたいなって思うんです」


そう嬉しそうに話してきたのは、
以前から技術を提供している業務提携のお店の後輩の男の子。


そんなに嬉しそうに学んで、まったくもう。

こっちまで楽しくなってしまうじゃないか、
そう心で呟きながら技術を教えました。


彼は女性に触れるのが苦手で、
私が少しづつ技術や考え方を教えたきっかけに
苦手を克服した人物でもあります。

でも、私から教えようか?と尋ねたことはあったけれど、
技術をこんなに情熱を持って嬉しそうに学んでいる姿は
初めて見ました。


image.jpeg


そしてもう1つ。

同じ日にお店のオーナーがいつになく
真剣で力強い眼差しでこう言ってくれました。


「お店を改装するだけじゃだめなんです、中身を良くしないと。
そのためには働いている人が満足しないと。

目標人数を達成したら
皆に叙々苑を奢るって決めて約束したんです」


(素晴らしい、百点満点の考え方を持ってる!)

そんなことを考えながら、
ほんの一年前を思い出してました。


前は言葉が達者な従業員に圧倒されて
あまりはっきり言えなかったオーナー。

今はこんなにはっきりと力強く、
言葉が冷たい従業員にはきちんと意見を言って、
貢献した従業員に還元する行動している。





以前にもブログに書いていましたが
お店で私が働くことに、とある宣言をしていました。

「私は決してお金のためだけに働きません」

契約先のオーナーはそれを素直に受け取り喜び、
僕も変わらなきゃと
実際にポジティブな行動に移していきました。



どこでもそうですが、
私が働くのはクライアントや
やってくるお客さんのためだけではありません。

触れた人を通して、
その人を優しく見守る人の熱を応援するイメージを持って
仕事に触れています。

オールウェイズ、これはいつもの決め事。


嬉しそうに、そして自信を持って
私に報告してくれた彼らと仕事ができることを誇りに思いつつ、
帰途する道はうれしい夜となりました。



そうそう、
そういえば契約先のオーナーが面白いことを言ってましたね。

「ようやくへびをやっつけたって感じなんです」


あら、私と同じ夢でも見たのかしら?

お互いのまとわりついていた良くないへびを
取り除けてよかったね。


ではまた。






posted by さゆり at 10:54 | 幸せのヒント

2017年12月11日

あなたが想像するよりもふさわしい場所へ行けるコツ。

自分にご褒美を作ってるみなさん、朗報です。

自分で決めた目標を達成するのも楽しいけれど、
サプライズを楽しみたくはありませんか?

気がつかないうちに
サプライズを会得するコツを教えます。


さて、コツをお教えする前にまずは
今日の私の出来事をご覧ください。


何も考えず、
ただ呆然と喫茶店巡りをしていました。

image.jpeg


喫茶店巡りが趣味の私は、
新規店を開拓しようとネットで探して決めた
電源カフェに行きました。

が、なんとお店は貸切!

それも、夕方で閉店。


なんだとーこのやろーっと
お店の前で素直に心で叫んでから、
次の候補のお店を探しました(笑)

歩きながらネットでカフェを探してみたら
もっと静かな
高級そうな家具が揃ったお店を見つけました。


見つけたお店がなんと・・・

これが値段も静かさも営業時間も、
求めていた場所にぴったりでした!

私は自分が考えていた以上の
綺麗なお店でこのブログを書けて
終始、作業しながら喜んでおりました。



なーんていう、

嬉しい誤算がたくさんあったわけですが・・・


わたしは散歩していると、
よく嬉しい誤算に出くわします。


あなたも嬉しい誤算に出会いたいですか?

では、教えます。


予想外のことを
素直に認めることです。


そう、それだけ。


実は、あの文章でサプライズを会得するために
もっとも大切な言葉は3行だけだったのです。


『なんだとーこのやろーっと
お店の前で素直に心で叫んでから、
次の候補のお店を探しました(笑)』


私は素直にイライラした自分を受け入れました。


自分が素直に抱いた気持ちを、
その場で時間をおかずにすぐ認めてあげることです。


貸切カフェの外の駐車場で
一人都会の空の下、叫んでもよかったけど(笑)

別に実際に叫ばなくてもいいんです。
内側からでた叫びを認めるだけでいいんです。



私たちは、自分が思っている以上に
自分がどんな可能性を秘めているか忘れているものです。

自分の素晴らしい才能を思い出しても
日々の忙しさで忘れてしまったりもします。

けれど、
なるべくすぐに思い出せるようにしたらどうなるか。

自分が想像をする以上の
サプライズ得る時間が訪れます。


サプライズとは、 何か。

それは自分より超えたものに
出会えるわけではありません。

あなたが忘れている
あなたが最も優れた才能が発揮される場所に
ふさわしいところへ向うことがサプライズです。


今回はおまけにもう1つおおしえしましょう。

一回や二回じゃなく、
連続してサプライズを会得する方法です。


サプライズに出会ったら、
「私にふさわしい場所を思い出して、嬉しい!」と
店員さんやお店の空気に向かって
心の中でつぶやいてみてください。


実はありがとうという気持ちを店員さんに伝えるよりも、
「嬉しい!」という気持ちを先行させたほうが
気持ち良さは増幅されるからです。

「ありがとう」という感謝は、
嬉しいから生まれる二次的な要素です。


まずはしっかりと自分の嬉しいという気持ちの流れを
即座にキャッチする癖をつけてみてください。

この癖は、一生あなたの幸せをサポートするでしょう。



それにしても・・・
近頃は予想以上の場所へ誘われることが急に増えました。

人工精霊のせいかな?なんて。

ではまた。


posted by さゆり at 15:33 | 日記