2016年05月25日

巣鴨の長生きを願う祭りに行ってきました。

みなさん、こんにちは。


先日、巣鴨の長生きを願う祭に行ってきました。


食後に新聞を何気なく見ていたら、
「明日こんな祭があるのか、もしかしたらいけるかも?」

image.jpeg
思い立ったら、吉日。

時間をみつけてすぐに行ってきました。



平日なのに、すごい人・・・
60歳以上の方々が波のように押し寄せてました。

image.jpeg

まず、駅のエスカレーターからして異世界。
ものすっごくゆっくりなんです。



image.jpeg
どうやら、巣鴨は塩大福を推しているようで、
何軒も軒を連ねて売っていました。


 

私も一つ買って、お寺のベンチで食べました。

 
image.jpeg



最近介護について改めて
勉強するべきことがあるなと思ったのは、数週間前です。

今は改めて福祉について考えたり、
介護施設に見学に行ったり、学んでいます。


するとどうでしょう、
こんな祭りを知ることができました。
ご縁ですね。


image.jpeg

まずは、お線香50円を買って・・・

自分の健康を願い・・・


 
これから出会うお年寄りに出会う私と、
介護スタッフと、介護をされる方々の健康をイメージして
深くお祈りしました。

 

実は福祉について改めて見直そうと行動すると、
土地の神様が援助してくれることに気が付きました。

感情的な願いではなく、
命をつなぐ健康の手助け願うと、
自然と支援したい何かのエネルギーは集まってきた気がします。

image.jpeg

 
とげぬき地蔵も並んで、
私と家族の健康共に洗ってきました。



改めて、土地を守るエネルギー体って
面白いなと感じています。


「私がこういうことをやりたいんだけど、
誰か手助けしてくれる人いますか?」

そう手を挙げると、
自然と全ての幸せの縁は繋がっていった気がします。


目的がはっきりしていれば、なおかつそれが
土地に生きる人々の幸せにつながることでしたら、
私たちはウィンウィンの幸せ関係になれますものね。


単に神頼みではなく、
こういった願い方は現実に
わりとすぐに還元されやすいかもしれません。


image.jpeg



土地に根付いて、
美味しいお店でおいしいどら焼きを提供するように。

健康を助けることもまた、同じ。

image.jpeg

何か行動しようとするからこそ、
エネルギー体はリアルに私たちを助けてくれる。

人間であれ、土地の守護者であれ、それは同じ。



実に楽しく有意義なお祭り散歩でした。



posted by さゆり at 19:12 | 日記