2016年06月30日

電子書籍の配信曜日変更のお知らせ。

はじめに、お知らせ。


配信中のセラピスト専門マガジン
【私が触れた100人の記録】

隔週 木曜日配信中

F06FFC2D-F08A-11E5-A5B3-D7A1ADCEA2B5_l.jpg
有料電子書籍

介護等のお手伝いのお仕事をして
執筆時間が変わったため、
今週から、隔週水曜日から
『隔週木曜日』に配信されます。


突然のお知らせでは御座いますが、
ご愛読者の皆様、よろしくお願いします。




さて、ただお知らせだけでもあれなので、
本日の日記。


この前話したペアの外国人さんが
「暴れる人は介護施設に入れるべきでない」
という話をしていたわけですが。


なんとなく
言わんとしていることが分かったので、
言いたいことを先読みしてやんわり答えました。



「実は、介護施設では
精神病の人たちが入ることが、
年々増えているんですよ。
もう精神病院はいっぱいだからです」

「いっぱい……」

「前の介護施設でも、
1割くらいは体の介助がなくても
精神病のたぐいで入ってる人がいました」

「ソウナノ?」

「はい。基本、痴呆のひとは
うつ病の薬や睡眠薬を飲んでいます。
そこからどんどん進んでいくんですよ」

「ソウネ、薬の取り過ぎはよくないね」



あまり口にしたくはないですが
おとなしく寝ているだけなら、
週に何回かの
週に1度のお風呂ヘルパーをでいいわけで。


なまじ暴言や妄想や多動をするなど、
そういう繰り返しですと、
どの施設でも断られます。


契約してからだんだん
酷くなるケースでない限り、
一番ひどい状態から入居しようとすると、
難しいですね。



大都会の街に出てみると、
世の中には人が溢れているでしょう?


でもね、日本の人口のほとんどは
病院と施設と自宅とブラックな職場に
軟禁されています。

もっと人が本当は溢れているんですよ。



まともじゃない人に会いましたか?

いいえ、まともじゃない人は
自分がまともかなんてのも
わからないくらい生活ができないんですよ。



血液の病気にかかり、
妄想でぐちゃぐちゃとしゃべりながら
誰かに触れて他の入居者にキミ悪いと叩かれて、
誰にも抱きしめて抑える人が
いない人間を知っています。


そこからエスカレートして叩き合いに発展、
そして転倒です。



なぜ、行き過ぎた叩き合いがあったか、
密かに突き詰めていくと


「あの人が触れてくるのも、触るのも怖い」

入居者と職員が同じことを口にしました。

image.jpeg
触れられるのが怖いと避けていた猫が
近頃少し仲良くなりました。


誰が悪いというわけじゃない。


ナイチンゲールのように、
ふてぶてしく患者に触れ続けて
看病していた人と同じ病になれとも言わない。



でもね、避け続けてたら
やっぱり解決できないから。

危険とどう向き合うかだけでも
やってみたらと。



喧嘩の拍子に入居者の
倒れてできた大きな傷を見ながら思いました。


ではまた。
posted by さゆり at 07:26| 日記