2016年07月12日

信念を突破できる人のひとつの共通点。


先日、施術をしていたら、
言わなきゃいいのに、
でも言ってよかったと思い出す言葉を思い出しました。


いつかのリラクゼーションに転職したとき

「へえ、施術されてたんですか?」

「ええ、忙しいところでした」

「そんなに混んでたんですか?」

「混んでいたのもありますし、
指名客がついて常に忙しかったんです」

「それはすごいですね。どうしてこの仕事に?」

「学生の頃から、
なぜか痛いところがわかったりして、
喜ばれたりしたので、仕事にできないかと」

「他にはどんなことがご得意ですか?」

「みんなと協力して
お店を盛り上げていくことです。
1年前のお客さんを固定客したりしてました」

「そうなんですね!それはいい」



大人なのに、
初めて会った人のこんなこと信じるなんて、
ずいぶん素直で純粋な人だなと思ったくらい(笑)


でも、こういう顔されちゃうと、
見せてあげたいと思うわけで。

カッコつけた手前、やらないとなあと。


1ヶ月以内に店長の眼の前で
全部達成しました。



自分のお店はこんな短期間で
ひょいひょいできない感じですが。

長いスパンでじっくり実りある木を
深く根付かせています。



でも、流行った後どうなるかは
店長次第ですね。


エネルギーの法則と同じで、
エネルギーを盛り上げてほしい、
解放へと導いてほしいといっても、
のちにどうなるかは自分次第です。

image.jpeg
あっという間に売り切れる美味しいボコボコスコーン


いろんな人がいますよ。

チェーン店なのに
経費を自分の私的なお金に変えたり。

ドブに捨てるように、
経営学講座に70万一括で払うとか。


これは悪いパターン。



良いパターンもあります。

ついに自分の独立企画で商売を始めるとか。

ついに親子で向き合って話し合うとか。

今までの持病としっかり付き合うとか。



エネルギーを盛り上げたら、
誰だって暴れたくなるし、嘆きたくなる。


今まで目をつむっていた
何かが見えるから。

すでに昨日までの生き方が
虚無に思えるから。


エネルギーの盛り上がりを
やりきって仕舞えば楽になれるけども。

やりきるまでがコツがいります。



今まで以上のエネルギーの解放を
やりきれる人には共通する点があります。


「あの人がいるから、がんばれる」



一人は
「親に見返してやりたいんだ」と言いました。

一人は
「息子のためにやりたいんだ」といました。

一人は「心から尊敬できる人と対等になりたい」
そう言いました。



信念がぐらついた時、
どこか熱く思える人間の顔がちらつくと、
感情がぶれても、
感情ではないフラットな信念を
同時に持ち合わせることができるみたいです。


感情をうしなわず、信念をうしなわず、
わたしたちは生きていくことができたら。


どんな星に生まれた者より
最強かもしれませんね?


ではまた。

posted by さゆり at 09:31 | 日記