2016年07月24日

神と呼ばれた者たちは、元は人間より悪魔であった聖者だ。


世間を知るために世間にあえて飲まれたから人々は
なるたけ早く、帰ってこれたかもしれない


大切にしたい人々のきもちが知りたかったから、
知れて良かったと人々はつぶやいた。



大切にしたい人たちの幸せを手伝い、
大切に想ってくれる人たちから
幸せのおっそわけをもらい。


積み重なった幸せが溢れ出して、
大切に想っている周りの人たちも
一緒に幸せになっていったかもしれない。



必ずここへ戻るよと決めて。

見た目や形は違えど、
わたしとあなたの心を大切にしていくと誓って。

世間へ飛び出したら、
きっと辛かろうも寂しかろうも。

全ては虹色に溶けて、
空にかかる淡い虹色の架け橋になって、
見上げた見知らぬ人々を幸せにする。



誰かのせいにしている暇があるなら。

誰かのせいにしたいなら。

いっそのこと、恨み尽くせ。

恨みながら、憎しみながら、悲しみながら
自分と大切にしたい人の
自尊心を助けるために行動しろ。



でも、想像したよりずっと早く
暗闇は消滅して、
暗闇の感情は根深ずだいぶ消えた。


そうやって勇気を与えながら、
心が満たされたやさしい虹の架け橋は
いたるところで世界をつなぐだろう。



神様なんて関係ない。

人間の内側から輝きを作り出せ、
宇宙へとびだせ。

地球は元どおり、
誰に操られない空間に生まれ変わるだろう。


すべては愛する地球のために、
やさしい人々が生み出す力のために。



そうだ、命が死ぬ瞬間に愛してるよと言えるように。

今、過去でも未来でもない。


この瞬間を感じて生きるのだ。


image.jpeg
posted by さゆり at 15:34| 日記