2017年03月09日

外国のチャネリングと実践型スピリチュアル批評


実践型のスピリチュアルな人って少ないなあ。

なんで実際しないんだろう?

あと、なんでお金とか権力ばっかりに
スピリチュアル実践を焦点当てるんだろうな。


他に欲しいものないの?

たとえば、
良い人間関係と静かで暖かい安全な住まいとか。

アシュタール、アルクトルゥス、コブラでもなんでもいいけどさ。
(個人的には苦手な派閥)

ちゃんと現実に起こしなよ。



わたしもてんであーだこーだ言いながら、
やっぱりこれしませんでしたって感じだけど。


気持ち悪いなって思うのは、
「あの人が言っているのは全部正しい!」みたいな態度。



そういう人の末路ですか?


だいたい、お金と時間のどちらか、
エネルギー搾取されます。

彼らはこう言いましたよ。


「僕らはお小遣い稼ぎできるから、いいんですけどね」



なにそれ。
全然、人の未来の幸せ考えてないね。


image.jpeg
わたしのハイアーセルフのイメージ画像


やってみようと奮起して、
チャネリングも三年近くに続けているわけだけど、
一番純粋性があるやつは、
やっぱ自分のハイヤーセルフ。

それをネットに載せたら違うのどーのいわれて。
(でも外国のチャネリングは信じるみたい)


まずは信じてみたいなっていう
チャネリングをチャレンジしたことがないのに、
人のレジスタンス活動のことなんか、
よくいえるよねえ。

光をあまり浴びてない、
見えざる縁の下の力持ち大黒柱なる存在に
わたしはスポットを当てていきたい。



「俺はこれだけのことをこの惑星にしているんだぜ!」


そんな大見得きっている連中は
高い技術もファンもいるでしょうから放っておきます。



見えざる縁の下の力持ちたちの主張が、
この世界で何よりも尊い大切なもの。

彼らを中心に、人間を愛したいものです。

posted by さゆり at 19:44 | 日記