2017年12月21日

嬉しいことが続く。


蛇が去る夢を見てから
少し珍しい形で体調を崩していました。

体調はもう復帰したのですが、
復帰の際中にとてもうれしい声を聞きましたので
シェアしたいと思います。



「僕、今モチベーションが高いんです!
新しい技術を教えて下さい!

みんなに褒められたいなと思うし、
みんなに近づきたいな抜かしたいなって思うんです」


そう嬉しそうに話してきたのは、
以前から技術を提供している業務提携のお店の後輩の男の子。


そんなに嬉しそうに学んで、まったくもう。

こっちまで楽しくなってしまうじゃないか、
そう心で呟きながら技術を教えました。


彼は女性に触れるのが苦手で、
私が少しづつ技術や考え方を教えたきっかけに
苦手を克服した人物でもあります。

でも、私から教えようか?と尋ねたことはあったけれど、
技術をこんなに情熱を持って嬉しそうに学んでいる姿は
初めて見ました。


image.jpeg


そしてもう1つ。

同じ日にお店のオーナーがいつになく
真剣で力強い眼差しでこう言ってくれました。


「お店を改装するだけじゃだめなんです、中身を良くしないと。
そのためには働いている人が満足しないと。

目標人数を達成したら
皆に叙々苑を奢るって決めて約束したんです」


(素晴らしい、百点満点の考え方を持ってる!)

そんなことを考えながら、
ほんの一年前を思い出してました。


前は言葉が達者な従業員に圧倒されて
あまりはっきり言えなかったオーナー。

今はこんなにはっきりと力強く、
言葉が冷たい従業員にはきちんと意見を言って、
貢献した従業員に還元する行動している。





以前にもブログに書いていましたが
お店で私が働くことに、とある宣言をしていました。

「私は決してお金のためだけに働きません」

契約先のオーナーはそれを素直に受け取り喜び、
僕も変わらなきゃと
実際にポジティブな行動に移していきました。



どこでもそうですが、
私が働くのはクライアントや
やってくるお客さんのためだけではありません。

触れた人を通して、
その人を優しく見守る人の熱を応援するイメージを持って
仕事に触れています。

オールウェイズ、これはいつもの決め事。


嬉しそうに、そして自信を持って
私に報告してくれた彼らと仕事ができることを誇りに思いつつ、
帰途する道はうれしい夜となりました。



そうそう、
そういえば契約先のオーナーが面白いことを言ってましたね。

「ようやくへびをやっつけたって感じなんです」


あら、私と同じ夢でも見たのかしら?

お互いのまとわりついていた良くないへびを
取り除けてよかったね。


ではまた。






【幸せのヒントの最新記事】
posted by さゆり at 10:54 | 幸せのヒント