2018年01月14日

チャネリングは、選ばれることよりもこっちが選んであげるスタンス。

私は以前からチャネリングメッセージを
こっそり更新しているのですが。


別のチャネリング関係のブログを
久々にのぞいて見たらこんなことが書いてありました。

「自分たちを神様みたいに信仰しないでくださいって言われた。
私もそうしたいって言ったら泣いて喜ばれました!」


私は「そっかー」と特に驚きもせず思いました。

他人から見たらそういう考えを
驚く人もいるんだなと思って新鮮でした。



私は5年近く前からチャネリングをしているのですが、
どうやらチャンネルが合わせやすいらしく
いろんな連中のメッセージが夢の中に持ち込まれました。

夢の通り現実が動いた信憑性あるメッセージだとしても
みんなに大尊敬されているマスターであろうとも。

常に警戒していました。


考えてもみてください。

あいつら、ご飯を食べなくていいんです。
税金を払わなくてもいい。
家賃も払わない。

そういう生活をしている連中が
地球の生活スタイルを無視して良かれと思って
時間に余裕がある暇な連中がひっきりなしで
24時間メッセージを送りつけてくるんです。


私、もうプチンとキレまして(笑)

それ以来、光のテクノロジー持つ者には
鬼よりも恐ろしい厳しい態度で接しています。

痛みを共感できない存在へ
恐喝にも似た「為になるメッセージ」を送り続けた連中に
恐喝にも似た「徹底したリアルタイム主義」を突きつけます。



「わたしたち、疲れてるの。
メッセージ性の強い明晰夢ばかり見せて、気分が悪い。
悪魔とおんなじくらいタチ悪い。

力があるんならすぐに私の生活が向上したとわかるように
現実に起こす行動をして。
できないの?じゃあもっと人の痛みを理解して。

綺麗な言葉だけのメッセージなんて今の地球になんの意味ない。
この星には《汗を一緒に流してくれる仲間》の
励ましの言葉しか必要ない」



私はこういうスタンスでしたので、
決められた通りの規律を絶対に守らなければならない
「宗教のように信仰」なりませんでした。


いろんな「カミサマ」がいましたよ。

菩薩みたいな悟った感じだったのに、
「みんな私の話を聞いてくれたのに、なぜ聞かない!」とか。

ずっとメッセージを文字に起こしてネットで伝えたのに
「メッセージを書かないなら、あなたの体は守らない」とか。


「地球のためにしています」とかいう連中って7割くらいが
みーんな本音を言わないように避けてる。


だから私は本音しかいわない素直な連中としか
チャネリングをしなくなったんです。


正直に言ったらいいんですよ
「地球に俺の星の文化を入れて欲しい」って。

カミサマの啓示で見せることしか人を納得できないなら、
私にとってはそんな程度情報です。


拒否が怖いんでしょうね、
そういう交渉に慣れてないから。

ですから常に
人に尊敬に値する人物面しているわけです。


私だってお花畑のまま・・・
「うれしーわたしを選んで教えてくれたー」
とか、チャネリングしていたいですよ?

でも、物理的に寝不足だし、
そんなものより良いマンション買って住みたいし(笑)


私は《特別な存在》からメッセージはほしくない。


C22D8BD3-8379-4C4F-9815-3C4C5CFA3E10.jpeg
立場を超えた素直な関係が一番。


チャネリングするとき。

たった今の私をありのまま素直に受け入れて、
大事にしてくれる目の前の人たちを中心に
行動を続けたいのです。

それがたまたま、
光次元の人だったなら、いいけですけどね?




とりとめなく、ここで記事は終わる。

ではまた。

posted by さゆり at 18:45 | 日記