2018年02月23日

助けてほしいほどイメージ力を大事にしよう。

突然ですが。

助けてほしい時ほど
助けてことがわからないことって多いですよね。


チャネリング体質の私は、
ぱっと直感で筋肉に違和感を感じることがあります。
それは自分自身も他人に対しても。


それでも、
勘違いかもしれないという可能性は否定せず、
直感で痛みを探り当ててもきちんと分析をします。


たとえば、
先日の施術している時のことです。

「咳き込んでましたけど、風邪ひいていたんですか?」

「ええ、治りかけなんです」

「きっと、たくさん咳したんですね」

「ええ。よくわかりましたね」

「あと、胃の周りが硬かったので、お腹の風邪ですか?」

「ええ、風邪のせいで便秘やなにやらなっていました」

「左側の首が張ってましたが、なにかあったんですか?」

「もしかして、左側で子供を抱きかかえるからでしょうか」

「ああ、なるほど。
それと左脚も硬かったので、脚も持ち上げてるみたいですよ」

「そこまで考えていたんですか・・・」

「えっと・・・前の職場で主婦の方が多かったので」


嘘は、ついてない、と思う。


首のコリで最も多いのは、スマホとパソコンです。

次に、重たいカバンを片方の肩に持っていることですね。


しかしカバンではなく、
もし動き回る子供をかかえるとしたら?

子供の頭が転げ落ちないように、
自分の首で常に支え続けてだっこする。

このせいで、
左側だけ筋肉がもりっと発達していて、
コリがでてきたのだと思います。


まあ、理屈はここまでして。

6E2248AF-1B81-4848-8FB9-88E7F61266B4.jpeg
今日も健康に乾杯。

助けくれるサポート体制がどんなに充実していても
「どうやって助けてほしいか」
見当もつかないことが多いですよね。



私の場合、手放してしまいますけどね。
こうやって治されたいっていうのは。

お陰様で、薬も飲めないほど体が弱く、
心臓が弱かった私もなんとか生き抜きました。

そんな私がなぜかがっつりと
リラクゼーションや整体で人々の体を癒してる。

人生わからないものですね。



私が健康を保つ方法はイメージ力です。

優しく人道的に扱ってくれるサポートする者を
彼らを受け入れる思考イメージを抱きながら、
日々を過ごしています。



頭と心が柔和になっている時って、
自分の健康に合った良い情報に気づき行動しやすいので
健康も治せないまでに悪化しにくくて、いいですよ。


とりとめなく、日々を呟いて終える。

ではまた。

夢が叶うチャンスをサポート。
mainImg.jpg
=「ココナラ」から予約受付中=
人工精霊サポートヒーリング
present by’
vision produce

幸せの言霊と情報サイト

《スピリチュアル情報の検証サイト》

光次元からのメッセージ
愛と魂のポエム
都内のカフェ紹介記事
posted by さゆり at 15:08 | いつものわたし
チャクラエネルギーの鑑定&アドバイスをします。
お申し込みの方はこちら


サンプル1(クリックすると大きい画像が見れます)
見本.png

サンプル2
hakusi - コピー (2).png

サンプル3
hakusi - コピー - コピー (2) - コピー.png

ビジョンプロデュースから皆様へ
チャクラエネルギー鑑定&アドバイスのお申込み受付中


ココナラ専用ページ「ヴィジョンプロデュース