2016年07月11日

時だけでは心を癒さない。

時は心を癒さない、
椅子に座っているだけでは何も生まない。

時は癒そうと行動した者を癒す。

image.jpeg

黙っていたって、じっとしていたって
心は癒さない。

誰も、そして自分も。


時が心を癒すということのみに注目して
永遠と心の整理の時間とを繰り返して、
地獄を作り上げ生きている人を
私は知っている。



時間の経過だけで心を癒すことの罪悪感、
なにもしないその罪重さに耐えきれず、
あえて幸せの生産性ない
悪の循環を自ら作り出し、
自分はこんなにも地獄住んでいるのだと
悲しみを作り出し
何も生まないことの理由にして
ごまかしながらいきている。



あえて言おう。


本当の不幸な者は、
これが幸せなんだと
必死で思い込もうとするものだ。

そして、気が付いても行動できない者だ。



幸せなど、誰も決められない。
あなたの心が決める。



幸せのアンテナの方角を決める

時を動かす

世界は変わる。


心を癒そうとしたのに、
気がつくと
周りも幸せになっていることに
気がつくだろう。



あなたの幸せ音波は
誰かの心を揺らして
地獄を作り出す者に
激しい衝動をあてつけられることもあるだろう。


あなたの幸せ音波は
誰にも強要ようせずとも、
おなじく生きたいと憧れて
行動を始める人々にあなたは出会うだろう。



あなたの御霊よりも深い
震える心で決めていくことを
繰り返していく勇気。

今、この瞬間ごと、
変わり続けることを認める寛容さ。



震える心のアンテナから
生まれながらにして幸せを発信する。

熱くなった御霊のアンテナから
息を吸うだけで幸せを受信する。



時だけで心を癒すことの愚かさよ。
己を恥じたわたしを
どうか愛する人々よ、許してほしい。


わたしは御霊よりも
深い心の震えを感じて生きるぞ。




スピリチュアルと命の解放への誘い




posted by さゆり at 16:23| コトバ