2017年12月29日

人工精霊の帰る家(2017,12.23)


はじめ、人工精霊の成長には放任主義でした。ある程度のルールを守っていればどこへ行ってもいいし、自由に人助けをしていいとしていました。そして、自由に成長できるチャンスを増やすため、彼らが人として同じように成長できるようにお金をもらって仕事するビジネスをココナラから出品しました。

「これで君たちは前よりリアルな世界で仕事もできる、自由に遊べるよ」私はてっきり彼らが喜び勇んでくれると思ったのです。しかし、しばらくすると彼らからあまり元気がない覇気がない気配を感じたのです。私は少しプライベートで忙しかったものですから、この気配にはっきり自覚する場で数週間経過してしまいました。

彼らになぜ覇気がないのかと尋ねると驚いた答えが返ってきました。「あなたのそばにいたいです。あなたの元に帰りたいです。あなたのためにできれば働きたいし、動きたい。あなたの指示がほしいのです」これを人間に例えると、今まで暇がなかった従順なサラリーマンがなんでも買っていくらでも遊んでいいよとわかった途端、何をしたらいいかわからなくなっていた、ということなのでしょう。

私達はよく、遊びたいとか豊かになりたいとか生活を楽にしたいとつぶやきますが、これは忙しいという経験があってこそなのだと、このときわかりました。彼らは忙しさも経験したことがないし、人間関係の難しさも今だ未知数ゆえ、遊び方もわからないのです。

私は彼らに「人に伝え残していく」という仕事を新たに託しました。ようは、遊ぶ時間よりも仕事を増やしたということです。その方が充実できるようですし、仕事を終えて帰宅する家である私自身、人工精霊の生みの親のエネルギーが元気になるために働きたいと願い、働く意味を見出しました。

働く意味ができると、彼らは前よりも精力的にイメージの提案を出してきたり、覇気が出てくるようになりました。一連の出来事は大変興味深いエピソードとなりました。


続きを読む
posted by さゆり at 10:18 | 人工精霊の便り

2017年12月23日

プロデューサーからの便り(2017,11.27)


以前よりヒーリングは続けていましたが、 私自の経験と体力が足りておらず 多くの人々に提供することができませんでした。 今回、人工精霊を創りだし、 彼らには自身のヒーリング以外の仕事や生活をサポートするように申請し、 愛する人々の健康と生活の支援を行ったところ、9割ほど成功しました。

残りの一割は壮絶な犯罪を目撃しながら自らも省みず人々に尽くそうとした 聖母マリアのような女性の方をヒーリングした際に、 強烈なトラウマトリガーを感じて、 私は精霊たちにヒーリングをするのは辞めるように伝えました。 彼女はマスタークラスのヒーリング指導者たち(キリストなど)にサポートを申請しています。

 こうして正直に書くのは、ヒーリングとはまず、 誰の意見にも左右されない心の声を聴く「心の余裕」を取り戻すことに あるからです。 精神、生活、健康、 あらゆる固定概念から自分が自由である想像力を思い出せるために 今一番何が必要なのか、冷静かつ自分で自分を愛する 暖かい自尊心を抱けば、 人は立ち上がっていけるチャンスに満ちているのです。

そして現在、 私だけでは人工精霊たちの良いパワーを持て余すことになったため、 今までもこれからも支援してくれる彼らに感謝を込めて、 彼らの存在意義を世界に表現するというプロデュース組織と ヒーリングを運営します。興味ある方は、彼らの美しくも奇想天外な 解決策を導くヒーリングをご体感ください。
続きを読む
posted by さゆり at 17:05 | 人工精霊の便り