2017年04月11日

なんかうまいこといく新しい仕事の考え方、教えます。

加藤さんの星占い4月11日 天秤座の満月【新月満月からのメッセージ】

「世界や他者は(私が思っていたよりもずっと)優しい」
「私は今のままでいいし、もう安心してもいい」と分かるでしょう。」




この一言をみて、ふっと思いついたことがあり、
キーボードという名の筆をとってみました。


この半年、試行錯誤の上で
色々と仕事の時間の過ごし方を変えてみました。

それがうまくいったので今日はご紹介がてら
ブログに載せていきます。



読む前にまず、
日本人が持つみっつの概念を捨ててください。


「仕事は常に予定日に出勤することが普通だ」

「仕事は常に全力を注がなければならない」

「家事の時間を短縮することにお金をかけるのは最後だ」


この考えはきょうでおしまい。


バイバイ、さようなら。


まず捨ててください。

では、続きをどうぞ。

続きを読む
posted by さゆり at 20:50 | 日記

2017年04月07日

私から見た世の中の価値観に合わせて生きていく。


昨年よりも外に出かけるようになってから、
明らかに物価が下がってきているなあと感じます。


ファミレスが通い人たちが、
だんだん質が落ちているなんて言っていたけれど。


この前久しぶりにいった定食が、
びっくりするくらい肉が薄くてペラペラで。

こんなのなら、コンビニのお弁当でもよかったかしら、
なんて思ったくらい。

たぶん、あそこはかなりやばいのでしょう。


あ、でも。

おいしいところは、
まあそれなりになんとかやっています。

image.jpeg

お肉よりもやたらご飯がおいしい焼肉屋さん。



でも、物価が下がっているなとは感じます。


私の収入は伸びているせいではなく
広い視野でみたら、落ちている感じもします。



その点を踏まえて、価格を変えると思います。

私のスピリチュアルセッションは
今は二万くらいだけど、一万といくらかにするやもしれません。


まあ、自由にやりたいよう自分の力を提供するでしょう。
自分が思いついた適正価格で提供していきます。


posted by さゆり at 20:00 | 日記

2017年03月30日

仕事の自由を取り戻す5ステップ

私の実際のやり方を交えて、
5つのステップに分けて、ここに記します。

さあ、皆さんも自由な仕事のあり方と、
技術の向上を楽しんでください。

人生はありあまる時間と、
理不尽をうまく誠実に変えてしまうエネルギーに
それぞれが空に散らばって満ちている。




とりあえず、こちらをどうぞ。

これは私の人生で結果を手にした成功例です。




【仕事の自由を取り戻す5ステップ】

@お金だけで仕事をしない。

A余ったエネルギーをお店やお客さんに還元する。

Bなんでもできる、と宣言してから仕事を選んだりする。

C仕事場では、助けたい人がいたら、率先して味方になり、味方になってもらう。

D混乱を拒否することなく、混乱からすぐに混乱から平常心になる。



(私の例)

私はリラクゼーションの業務委託もしていて、
オーナーからこんな話が出ました。

オーナー「人が足りなさすぎるんです。どうか、さゆりさん。週5日八時間働いてくれるのなら、今のあなたが得ている月収よりも高く払います。あなたの女性が作る技術には価値があるんです。お店を続けたいんです」

わたし「いいえ、それはだめです。身の切り売りは絶対にお互いにとっていずれ、結果が出るとき良くありません。こういうのはどうでしょう。私を以前より自由な時間で働かせてもらって、出来高のお金を数百円アップしてください」

オーナー「それは僕に取ってもすごくいいですが・・・・いいんですか?」

わたし「前からわたしの働き方を知っている通り、私はお金だけでは動きません。あなたが本気を出すのなら、私も出します」

オーナー「ありがとうございます」



きっと、もっと若い頃の自分だったら、
オーナーの提案に即断していたと思います。

でもそれは、一時的なものであると同時に、
自分の大切な時間を割くことだと
今の私はよく理解できます。

今の私は自分の収入と時間を、
長い目で見ていられると感じるのです。




もちろん、オーナーの本気に力を携えたいとするなら、
私の収入と時間は減ります。

でもね、そういう元気な気配なとき、すごく素敵なアイディアが出るんです。

「空いた時間、こんな風に他の仕事ができるぞ。
だって私はなんだってできるんだから」


縛られていた価値観では、
こんな選択肢は思いつかなかった。

今までの人生において、
ポジティブな状態からの選択は、
結果はだいたいいいものしかなりませんから。



さあ、みなさん。

どこかのメルマガみたいに
「お金を好きになろう!」「子宮を好きになろう!」て言い続けますか?

それは好みです。
あなたが興味がないのなら、別にいいんですよ。

好みや興味がなくても、大切にすることは違います。

自分の父親や母親が今何をしているか興味がなくても、
それなりに暴力もなく食べ物を与えられて育ててもらったなら、
大切であることには変わりないからです。

それと同じことです。

image.jpeg

あなたのお金を大切に。
百円であっても、一万円であっても。

あなたの時間を大切に。
1分でも、24時間であっても。

あなたの性の考え方を大切に。
男でも女でも、男でも女でもなくても。



ぜひ、余裕のある考え方から生まれる
自由なアイディアを出せる環境を整えましょう。

まず、そうなるために何をしますか?


ほんとうの豊かさのスタートです。

互いに、豊かさを、手に入れていきましょう。

posted by さゆり at 14:04 | 日記

2017年03月16日

経験論・DVをする方、される方の共通点。

最近、恋愛的な、夫婦的なDVに長く浸ってしまう人たちの
一つの共通点を見つけてしまった。

とても簡単なことだった。


長い間、DV(言葉の暴力含む)をする方、
される方は、以下の共通点がある。


「パートナーに王子様、お姫様(強い母親)を求める」


お分かりの通り、
この世に全てにおいて完璧な人なんていない。



「一切自分をセクハラな目で見ないでほしい」
という人もいた。

「今にして思えば、私は漫画の中の男の人しかしらなかった」
という人もいた。

「これが普通だ!思ったことが伝わらないから、お前はサイコパスだ!」
という人もいた。

人のことを「おい」としか呼ばず、黙ってなんでもさせる人もいた。


こんな人たちは、常に、いつ何時も、誰にでも、

「完璧な人を求めている」ように思えた。



(特に、過剰にお店のひとに細かな対応を求めたり、
人の考え方と自分と同じにならないと何もいえなくなったり、
話し合う前に急に縁を切ったりするなど。)



特に感じたのは、
「幸せなカップル、友達になるまでの過程を知らない」人が多すぎた。


頭の中にある完璧な人を求めて暴力を振るう。

頭の中にある常に完璧な人になろうとする人は
我慢した後に発狂する。



本人達が見ている、幸せそうなパートナー達。

そこには、いろんなドラマがあって、
そういう幸せを得ているということが
イメージできない人たちが多い。


完璧なパートナー同士の幸せだけ見て、
ああなりたいとか、
うわべだけしか人間を見る癖がある人が多い。



愛の過程を想像する暇がなかったかもしれない。

そういう温かいストーリーを
自分から探さなかったかもしれない。



結果の中にある
人の努力をすぐにイメージできなんだと思う。

生きる上で、結果を見たあとに、
自分で過程を想像するという力は本当に大事。



苦難を乗り越えて、
互いに弱みをさらけ出し。

愛を楽しく語る過程を
イメージできないのかもしれない。


そういう恋愛は大概、
出会いも別れも継続も楽しいものだと思う。


image.jpeg
一緒にやっていく楽しさを分かり合える友達、仲間、パートナーがいいよね。



あと、長くDV状況に浸る人たちは、
どんな楽しいことがあったの?と聞かない傾向があった。


二十代の若い夫婦である旦那さんが・・・

「うちの妻がいちばん。浮気する意味がわからない。
この前、ラブホに行ってみたら、
可愛い妻が一層恥ずかしがって嬉しかった」

なんて馬鹿馬鹿しいのろけ話があるくらいだ。



40代を超えた旦那さんが・・・

「僕は妻に内緒で熟女がすきなんです。だんだん近づいてきて、
とても嬉しいです。妻には言いませんけど」

なんて面白いのろけ話があるくらいだ。



人生は長い。

だから、時として、
DVみたいに暴言を吐いたり、
されたりすることもあるだろう。


だけど、長く浸り続けるのはまた別問題。



人の振り見て我が振り直せ。


私も時折、こういう人たちと、
うまく人生を回転している人たちを思い出して、
参考にして生きている。

posted by さゆり at 19:48 | 日記